投資は海外へ

日本国内にも安定して投資を行える投資先もあります。ですが、世界に目を向けてみると投資先が増える分よりよい投資先が見つかるかもしれません。国内はもちろん海外の投資先の投資についてお話をしていきます。

海外株に投資するには英語が出来ないとダメ?

海外株の投資には英語が必要?海外株式に投資する人が増えてきましたが、海外株式の場合には国内株式の場合と比較して注意すべき点はあるのでしょうか。まず、情報収集についてはどうでしょう。以前とは違い、今ではインターネットを利用すれば、ほぼリアルタイムで海外のニュースや情報に触れることができますので、世界のどこにいてもインターネットさえ利用できれば、それほど問題にはなりません。例えば、最も影響力のある情報の一つである米国の経済指標についてもリアルタイムで知ることができますので、海外株式や為替の取引にも問題なく対応できます。
以前であれば、海外のニュースや情報収集には、英語ができるとできないではスピード感や理解力において差が出ることもありましたが、最近ではそういうこともほとんどなくなってきました。考えてみれば、英語ができないと投資で利益を出すことができないというのであれば、逆に、英語ができる人は利益を出しているのかと考えれば簡単に答えは出るのです。以前とは比較にならないほどの翻訳サービスや金融業者のサービスがありますので、こちらを利用すればほぼ事足りてしまいます。もちろん、ファンダメンタルズ重視の場合には、フィナンシャルタイムズやウォールストリートジャーナルなどを原文で読むことはできますが、これを投資に活かすという話になると相当なスキルが必要になります。ましてや、テクニカル重視の場合には、英語を含めた外国語は全く関係ないということになります。チャートは万国共通のものですから、言語はほぼ必要ないということになります。
また、投資本などの読解についてはどうでしょう。世界中の投資の成功者の多くは、これらから多くのことを学んでいます。そういう意味では、英語ができると少しでも多くの原文に触れることができるというメリットがあります。確かに、原文で勉強できるというのは魅力的です。しかしながら、大切なことはそのエッセンスを理解して会得することなのです。翻訳本の中には、それらを意識して書かれているものも多くあります。従って、翻訳本のほうが優れているケースも多くあるのです。ましてや、デリバティブが横行している今の相場ではなおさらその傾向が強いと言えるでしょう。
このように英語ができるということには、一定の優位性はあるでしょうが英語が、できないからと言って不利になるということまったくありません。却って、効率的に情報収集したり勉強できるというメリットがある場合もあります。

国内株と海外株に投資することに違いは存在するのか

国内と海外での投資の違いは存在するのか近年投資に対する需要が高まり、そして将来への不安から自分で資産を運用し資産形成する人が増えてきました。銀行へお金を預けても勝手に増える様な時代ではなくなり、自分で投資を行う事で将来へ備える事が出来る様になりました。金融機関で簡単に投資用の口座を作る事もでき、金融商品の売買もスマートフォンで簡単にいつでも出来る様になった事も人気の理由の一つと言えるでしょう。
そんな投資には現在様々な金融商品が販売されており、目的に合わせて金融商品を選択できる様になりました。例えば、株や債券、先物にいたるまで様々です。しかし、各商品特徴が異なり、それぞれの特徴を知った上で金融商品を変える必要があります。例えば、株と一言で言っても日本株もあれば海外株も存在します。近年は海外株も日本にいながらインターネットを介して簡単に購入出来る様になりましたので、是非活用をしてみましょう。しかし日本株と海外株の違いはどの様な点でしょうか。まず日本株購入は手数料も安くなり、ネット証券を利用すると1回の売買で100円程度の手数料で購入が可能です。
しかし海外株は手数料が数千円する事もあり、まだまだ安価に購入できるとは言えません。そのため、海外株を購入する際には、その手数料も加味した上で購入する必要があります。例えば、手数料分を考えた上で利益を出す必要があり、日本株よりも高い利益を求める必要があります。そして日本株の場合は日本のニュースを中心に知る必要があり、海外株であればその国のニュースを知る必要があります。世界共通で注目される様なニュースは、どちらの株を購入しても日々チェックする様にしましょう。
日本株がアメリカのニュースに影響される事も少なくありませんので、世界経済の動向に応じて売買をする事をお勧めします。日本株と海外株とではその流通量が大きく異なりますので、日本株の場合はより値動きが激しいとも言えるでしょう。
しかしどちらの株も急激な値下がりで大きな損をする可能性もあれば、大きな利益を得る事が出来るかもしれません。特に高い興味がある企業や業界があれば、その企業の株を購入してみるのもよいでしょう。日本株は株主優待も充実していますので、定期的に優待を得る事が出来る株を保有し運用する方法もお勧めです。この様に、株は国が異なればその特徴も異なりますので、投資目的に合わせて購入する金融商品を選択すると良いでしょう。両方運用する事で、リスクを分散する事もできるでしょう。
さらにリスクを抑えたというならば、投資顧問会社に投資のアドバイスをしてもらうのもおすすめです。例えば老舗投資顧問会社であるイーキャピタルなどの信頼のおける投資顧問会社に依頼することでリスクを抑えることが見込めます。株価はいつ暴落してもおかしくないものが多くありますから、そういったもので損をしてしまわないように投資顧問会社からの情報を得ることが非常に大切です。投資顧問選びで迷ったら投資顧問の人気ランキングを参考にしましょう

海外株を始めると国内だけじゃなく世界の経済がわかる

海外株を始めると世界経済がわかる投資をするときには、いろいろな選択肢があります。外国為替証拠金取引や信託や株式もあります。どの金融商品を選ぶかによってリターンもリスクも異なるので、金融商品ごとの特徴はしっかりと理解しておくことが大切です。また、証券会社に口座を開設する必要があるので、証券会社によって扱っている金融商品も異なるのでチェックをしておきましょう。株式投資をするばあいには、国内か海外か選ぶことができます。
国内の場合には知っているような有名な企業を選んで資金投入をすることができます。業績や知名度や応援したい企業に投資をすることができます。また、情報も豊富にあるのでしっかりと吟味して選ぶことができます。海外の場合には知らない企業のほうが多いでしょう。しかし、世界的にも有名な企業の株を購入することができます。また、海外の情勢によって株価に動きがおこるので、海外のばあいにはいろいろな国の情勢に強くなっていきます。アメリカの場合には、雇用統計の発表によっても株価に影響を与えます。また、紛争や経済発表によってもさまざまな動きをするので、いろいろな国の情報をあつめなければいけません。
海外の企業は、日本国よりも成長率が高かったり、新しい分野にチャレンジしている企業もたくさんあります。また、起業をするひとも多いので、投資先も豊富にある中から選ぶことができます。海外に全く興味がない人でも外国の株を扱うことによっていろいろなものに興味を持ち始めます。金利差によって収益をあげることもできますし、海外定期預金によっても利益を上げることができます。いろいろなところにビジネスチャンスがころがっているので、上手に活用していけば資産形成をすることもできます。その入り口としてふさわしいのは海外株です。
株式投資で高配当銘柄を探すのであれば日本国内よりも海外に目を向けるといいでしょう。海外の高配当銘柄とはなにかというと、株主への配当を手厚くしている企業の銘柄です。海外は日本よりもそういった企業が多く高い配当金をもらうことができます。配当だけで生活をしようと考えた場合には、日本国内だけでなく海外の株を購入するほうがメリットが大きいです。また、企業同士の売り上げの競争が激しく、高い売り上げを出そうと勢いをつけるケースも多いです。そのため、大きな収益をあげられる確率が日本国内よりも高いといっていいでしょう。日本国内の株式取引をして、慣れてきたら海外の株式にチャレンジしてみるといいでしょう。いろいろな利益を得ることができます。
■投資顧問のトレーダーズブレインマーケットについてはこちら
トレーダーズブレインマーケットの口コミを調べる

投資関連記事